製品一覧 CADデータ 会社概要 サイトマップ


Gr・L型擁壁

Gr・L型擁壁
建設技術審査証明
建技審証第0438号
新情報提供システム(NETIS)
QS-030051-V
PDFカタログ CADデータ

車両用防護柵(ガードレール)基礎一体型プレキャストL型擁壁


Gr・L型擁壁の特徴

財団法人建設技術センターの建設技術審査証明により、次の特徴を有することが確認できました。
  • 擁壁の設計にあたっては、当分布荷重10kN/m3の自動車荷重に加えて、種別C種・B種ガードレールに作用する推力30kNを考慮してありますので、土圧(施行くさび法により算定)や衝突に対しても十分安全です。
  • 補強土壁工法等の上部にガードレール基礎として使用することも、直接基礎上に施工することも可能です。
  • 補強土壁工法等の上に設置した場合と、直接基礎上に設置した場合の2通りについて、Gr・L型擁壁にガードレールを設置した状態で実車衝突試験を行い、種別C種またはB種車両用防護柵に所定の車両衝突荷重が作用しても、擁壁は安定していること、擁壁は有害となるひび割れが発生せず破損しないこと、補強土壁工などの下部擁壁工に与える影響が少ないことを確認しました。
  • 縦断勾配(最大15%)や曲線区間での施工も可能です。
  • 最小使用基数はカタログにてご確認ください。

Gr・L型擁壁の施工例・施工中写真

Gr・L型擁壁
沖縄市道路(施工中)

Gr・L型擁壁
中城村村道(施工例)

Gr・L型擁壁うるま市高江地区道路(施工中)
Gr・L型擁壁沖縄県道路(施工例)

衝突実験(補強土壁工法等上)

1.概要
  • 目的:「Gr・L型擁壁」を補強土壁工法などの擁壁工の上に、車両用防護柵設置用の独立型基礎として使用する場合を想定して「Gr・L型擁壁」の安定性と強度特性を確信するとともに、「Gr・L型擁壁」に設置されたガードレールは防護柵としての車両の誘導、転落防止等の機能が上手く発揮できるかを確認する。
  • 実験実施日:平成15年2月6日
  • 設置擁壁:Gr・L型擁壁H=500 9本(設置延長18m)

 

衝突実験(直接基礎上)

1.概要
  • 目的:「Gr・L型擁壁」を直接基礎上に使用する場合を想定して、衝突荷重に対して「Gr・L型擁壁」の安定性と強度特性を確認するとともに、「Gr・L型擁壁」に設置されたガードレールは防護柵としての車両の誘導、転落防止等の機能が上手く発揮できるかを確認する。
  • 実験実施日:平成15年10月23日
  • 設置擁壁:Gr・L型擁壁H=1500 8本(設置延長16m)

2.共通条件
  • 衝突条件:擁護柵B種の衝突条件A(20tトラックによる衝突実験)
  • 実験実施場所:宮崎県日向市細島白浜実験場
  • テストコース全長:300m
実験は「防護柵設置基準・同解説」及び「防護柵実車衝突試験マニュアル(案)」に示された衝突実験Aに準拠して実施した。

3.衝突車両の挙動及び衝撃度
 車両の挙動及び衝撃度
項目 実施結果 備考
車両総重量 20.0 実測値
車両総重量時の重心高さ ≒1.4m 実測値
衝突速度 35.6km/h 実測値
車両角度 16.1゜ 実測値
車両の最大進入工程 0.18m 実測値
車両の挙動 安全に誘導 目視による確認
離脱速度 29.2km/h 進入速度の82%
離脱角度 約6.1゜ 進入速度の41%
ガードレール部材の飛散状況 なし
衝撃度 75.8kj 実測値からの計算
  • 衝撃度はB種の衝撃度基準60kjの126%であった
  • 衝突条件Aの性能規定項目について全て満足した
  • 車両は衝突後も自走可能

 
3.衝突車両の挙動及び衝撃度
 車両の挙動及び衝撃度
項目 実施結果 備考
車両総重量 20.0 実測値
車両総重量時の重心高さ ≒1.4m 実測値
衝突速度 34.8km/h 実測値
車両角度 15.96゜ 実測値
車両の最大進入工程 0.14m 実測値
車両の挙動 安全に誘導 目視による確認
離脱速度 28.86km/h 進入速度の83%
離脱角度 約6.98゜ 進入速度の44%
ガードレール部材の飛散状況 なし
衝撃度 71.2kj 実測値からの計算
  • 衝撃度はB種の衝撃度基準60kjの119%であった
  • 衝突条件Aの性能規定項目について全て満足した
  • 車両は衝突後も自走可能

4.GR・L型擁壁の安定性
  • 衝突瞬間の最大変位:1.34mm
  • 残留変位:0.93mm
  • 擁壁の安定性に支障無いと言える。
 
4.GR・L型擁壁の安定性
  • 衝突瞬間の最大変位:0.32mm
  • 残留変位:0.31mm
  • 擁壁の安定性に支障無いと言える。

擁壁の計算を行う際の衝突荷重は、防護柵の種別C種、B種共に、30kNである。


強度確認実験状況


H=1500タイプの静的実験

H=1500タイプ 10%勾配での静的実験

衝突実験前(直接基礎上)

衝突実験前(補強土壁上)

トラック衝突時(直接基礎上)

トラック衝突時(補強土壁上)

衝突後の状況(直接基礎上)

衝突後の状況(補強土壁上)



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149