製品一覧 CADデータ 会社概要 サイトマップ


ハイタッチウォール

ハイタッチウォール
国土交通大臣認定
京経民発第5号
PDFカタログ CADデータ

プレキャスト鉄筋コンクリートL型擁壁 ハイタッチウォール


ハイタッチウォールの特徴

  • 品質管理の行き届いた工場で生産されるので耐久性に優れ、品質の均一性が保証される。
  • 機械施工を行うので工期の短縮ができ、併せて前壁がほぼ垂直のため土地の有効利用ができる。
  • 製品部材の耐力を落とさず製品重量を軽くするために、部材の断面をT形としてある。
  • L形擁壁の自重と底版上の土の重量が転倒、活動に対して安全率1.5以上あることを確認し、壁体の断面については度圧力に対して前壁、底盤、版について安全の確認を行ってある。
  • 敷設された基礎上にモルタルを敷き、トラッククレーンによりL形擁壁を敷き並べ、接続用プレートを用いてボルト締めでL形擁壁間の接続を行い、目地部分及び水抜き孔にフィルターを施し、L形擁壁の裏面に透水層を設けてある。
  • 鉄筋の被り厚さを40oにすることにより、中性化については100年の耐久性がある。

ハイタッチウォールの施工事例

ハイタッチウォール
ハイタッチウォール

ハイタッチウォール
ハイタッチウォール

ハイタッチウォール
特殊製品に関する事項
  1. 製品の高さを自由に変更できます。その場合高さ以外の寸法は直近上位の規格寸法となります。
  2. 製品の前壁天板を斜切りする事が出来ます。その時の勾配は25%以下とします。
  3. 製品の長さは1〜2mの範囲で自由に製造が出来ます。
  4. 寸法や強度に影響をおよぼさない範囲で、表面化粧の加工などを行うことが出来ます。

防止柵対応

擁壁の条件として、【道路土工、擁壁・カルバート・仮設構造物工指針】、防護柵の設置基準・同解説(社団法人日本走路協会)により、標準的な条件を設定し、これを充分満足するような設計しております。

なお、下記の設計条件以外の場合は、その都度条件に合わせて設計を行います。

設計条件
1.上載荷重 3.5KN/m3 〜 5.0KN/m3
2.防護柵荷重 荷重 0.2KN/m
・転落防止柵(H=1.1m)垂直 0.59KN/m 、水平 0.39KN/m
・フェンス(H=1.8m)0.5KN/m2(風荷重)
3.土の内部摩擦角 φ25 〜 φ30 転落防護柵付
※歩道部がL=2.0m以下の場合は、
再計算が必要です。
4.壁面の裏込土との摩擦角 2/3φ
5.活動面の摩擦係数 0.5 、0.6
6.単位体積重量 ・裏込土:18KN/m3 、19KN/m3
・鉄筋コンクリート:24.5KN/m3
安定計算安全率
1.転倒に対する安定 lel ≦ B/6
2.活動に対する安定 Fs ≧ 1.5
3.地盤支持力に対する安定 地耐力以上
4.土圧計算式 試行くさび法

株式会社キョウリツは有限会社中間法人ハイタッチセンターの会員です。



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149