製品一覧 CADデータ 会社概要 サイトマップ


FLウォール

FLウォール
国土交通大臣認定
新経民発第1号
PDFカタログ CADデータ

大臣認定宅地造成用L型擁壁 ・ 道路用L型擁壁 FLウォール


FLウォールの特徴

優れた安全性
優れた安全性耐力はもちろん、耐久性にも優れていますので、安心してご利用頂けます。
工期を短縮
工期を短縮プレキャスト製品により、現場での作業が簡素化されます。
土地を有効利用
土地を有効利用前壁がほぼ垂直なので、土地を最大限に利用できます。
表面模様で環境にマッチ
表面模様で環境にマッチ表面にお好みの模様や化粧を施すことができます。
  • 縦壁と底版からなるL型状断面であり、安定しているため安全施工が可能。
  • 縦壁がほぼ垂直なので、境界限界まで築造が可能で、用地を最大限に利用できる。
  • 据付け作業が簡単なため、施工が早く、大幅な工期短縮や省力化が図れる。
  • 擁壁上端の水平面上の積載荷重が、1.0t/m2で設計されている。
  • 建設大臣の認定(宅造法および建築基準法)を受けており、安全性が認められている。
  • 日本工業規格表示許可工場で製造されるので、高品質であり、安全性が認められている。
  • ユーザーの希望に応じて、石積み模様表面仕上げが出来る。
  • 宅地造成、工場造成、区画整理事業、道路拡幅、歩道設置など、広範囲な用途に使用できる。

大臣認定 宅地造成用L型用壁 FLウォール

宅地造成における上留工法は、時代と共に様々な変遷を経て来ました。プレキャストL型用壁もその一つであり、近年、大臣による認定制度の発足に伴い、私達の生活環境にも一般化しつつあります。

「FLウォール」は、このような時代の中で宅地造成等規制法施工例第15条(建設省(国土交通省)新経民発第1号)建築基準法第38条(建設省新住指発第6号)の規定による大臣認定を取得しました。また、単に機能性や経済性があるだけでなく、私たちに快適な居住空間を与えてくれる格好の景観製品として期待されています。


道路用L型用壁 FLウォール

道路用L型擁壁の設計条件

裏込め土、基礎地盤の土質により、擁壁にかかる荷重が大いに変化します。

道路用L型用壁の条件として“道路土工、擁壁・カルバート仮説構造物工指針”(社団法人日本道路協会)により、標準的な条件を設定し、これを十分満足するような設計をしております。


形状寸法

FLウォール

φ=25°仕様
 背面土及び基礎地盤の内部摩擦角φ≧25°に適用
呼び名 寸法 参考重量
(kg)
750 750 600 2000 674
1000 1000 750 2000 880
1250 1250 900 2000 1106
1500 1500 1100 2000 1344
1750 1750 1200 2000 1807
2000 2000 1400 2000 2048
2250 2250 1500 2000 2663
2500 2500 1700 2000 2926
2750 2750 1800 2000 3684
3000 3000 2000 2000 3949

φ=30°仕様
 背面土及び基礎地盤の内部摩擦角φ≧30°に適用
呼び名 寸法 参考重量
(kg)
750 750 550 2000 650
1000 1000 700 2000 856
1250 1250 850 2000 1080
1500 1500 1000 2000 1291
1750 1750 1150 2000 1780
2000 2000 1300 2000 1994
2250 2250 1450 2000 2632
2500 2500 1600 2000 2868
2750 2750 1750 2000 3653
3000 3000 1900 2000 3892
注意:高さHを上表の規格外とする場合は、その他の寸法については高さが直近上位の規格を準用します。
    長さLを上表の規格外とする場合は、1mまでこれを縮小することができます。

防止柵対応

擁壁の条件として、【道路土工、擁壁・カルバート・仮設構造物工指針】、防護柵の設置基準・同解説(社団法人日本走路協会)により、標準的な条件を設定し、これを充分満足するような設計しております。

なお、下記の設計条件以外の場合は、その都度条件に合わせて設計を行います。

設計条件
1.上載荷重 3.5KN/m3 〜 5.0KN/m3
2.防護柵荷重 荷重 0.2KN/m
・転落防止柵(H=1.1m)垂直 0.59KN/m 、水平 0.39KN/m
・フェンス(H=1.8m)0.5KN/m2(風荷重)
3.土の内部摩擦角 φ25 〜 φ30 転落防護柵付
※歩道部がL=2.0m以下の場合は、
再計算が必要です。
4.壁面の裏込土との摩擦角 2/3φ
5.活動面の摩擦係数 0.5 、0.6
6.単位体積重量 ・裏込土:18KN/m3 、19KN/m3
・鉄筋コンクリート:24.5KN/m3
安定計算安全率
1.転倒に対する安定 lel ≦ B/6
2.活動に対する安定 Fs ≧ 1.5
3.地盤支持力に対する安定 地耐力以上
4.土圧計算式 試行くさび法

株式会社キョウリツは全国FL工業会の会員です。



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149