製品一覧 CADデータ 会社概要 求人情報 サイトマップ


SK導水溝

SKスリット側溝ロードレイン
路面集水・幅員利用・自転車専用レーン・小型部材で埋設物や構造物との干渉回避

CADデータ
※SK導水溝は新興工材株式会社様開発の製品です。

SK導水溝(ロードレイン150)特長

集中豪雨対策(水溜り解消)

連続開口ですので、集水機能が高い。(10mに1ケ所というような点で路面集水をするのではなく、線で路面集水できます。)また、L-500製品でのR施工が可能ですので、特に交差点部での水溜りを解消できます。


道路幅員の有効利用

L形側溝に比べエプロン幅がせまいため、有効幅員が拡がります。また、製品エプロン勾配も2%(L形側溝は6%)ですので、段差ができないため、車道部の自転車専用レーンに適しています。



民地部への雨水流入防止

歩道より民地側が下がっているようなケース(俗称 逆セミフラット)で歩道部の雨水をのみこみ、民地側への流入を防ぎます。製品形状が箱型のため、境界ギリギリの施工も可能です。(乗り入れ・アングルタイプ)


地下埋設物・構造物との干渉回避

製品断面がコンパクトなので、地下埋設物に干渉する可能性が低くなります。(橋梁部基礎、張り出し歩道等においても製品高さが約300mmのため、使用しやすい。)


維持・メンテナンスが簡単

製品開口部の鋼製蓋(オリジナルリッド)は、取り外し可能なため、メンテナンスが容易です。また、スタンダードタイプにおいては、JIS歩車道ブロックが使用できる(後付け施工)ため急遽(もしくは数年後)、標準部から車輌乗り入れ部へ変更する場合でも歩車道ブロックのやりかえのみで対応できます。(その際にでる産業廃棄物処理費用がL形側溝・歩車道ブロック一体型製品に比べると軽減。)


スタンダードタイプ

スタンダードタイプ
スタンダードタイプ
  • JIS境界ブロックを直接l本体に布設することができます。そのため車道と歩道の区別施工が簡単でき、スリット部の際にJIS境界ブロックが敷設できるので幅員を有効に活用できます。
  • 従来のグレーチング側溝の景観からスリット集水を新しい都市景観作りに配慮された製品となっています。
  • スリット部メタル後付けの為、コーナー部の連続施工や、維持管理が容易です。

乗入タイプ

乗入タイプ
乗入タイプ
  • スリット部の鋼製蓋(バリアフリーメタル)による騒音、落下防止など、環境と安全性に十分配慮された製品です。車両が本体に直接乗り入れできるので、道路幅員にも有効です。

アングルタイプ

アングルタイプ
アングルタイプ
  • 設置後はスリット部リッド(鋼製蓋)のみしか路面上に現れないため、周辺風景を損なわず都市に調和します。景観と調和が重要課題となる、新しい都市づくりのための製品です。




株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149