製品一覧 CADデータ 会社概要 サイトマップ


自在R連続基礎工法(埋設)

自在R連続基礎工法
置き式・安全性
本式(埋設式)・施工性
施工実施状況
通学路
自在R連続基礎工法

車両用防護柵の基礎として、連結して連続基礎構築。通学路などの歩車道分離部や置き式のガードレールへ。

プレキャスト・ガードレール&ガードパイプ連続基礎ブロック やじろべぇ式支柱建て込み工法

通学路などのガードレールに

工期短縮

工期短縮

「現場打ち連続基礎」と「ガードレール基礎」を比べると、型枠の設置やコンクリートの養生に要する時間を短縮でき、さらに強度の発生による共用開始までの期間を「現場打ち連続基礎」と比べると、70%短縮した約3分の1の施工期間で工事を行う事ができます。

連続基礎が、あらかじめ設計強度を確保した上で、基礎が構築できるので、即日に交通開放することができます。


連続基礎の躯体を小さく

ガードレール基礎(従来品)
ガードレール基礎(従来品)

現場打ちで連続基礎を構築する場合には、目地を入れる関係で、10mを最大の長さとして躯体の安定計算を断面を大きくすることで満足させる。

  • 衝突条件B種
  • 断面:770×450
  • 延長:10m

自在R連続基礎ブロック
自在R連続基礎ブロック

プレキャスト製品を連結して行くことで、10mという延長に捉われずに、延長の長さがある中で、安定計算をするため、比較的小さな断面で連続基礎を構築することができる。

  • 断面:400×450(製品規格:B型)
  • 延長:28m以上

「現場打ち連続基礎」と「ガードレール基礎」を比べると、型枠の設置やコンクリートの養生に要する時間を短縮でき、さらに強度の発生による共用開始までの期間を「現場打ち連続基礎」と比べると、70%短縮した約3分の1の施工期間で工事を行う事ができます。

連続基礎が、あらかじめ設計強度を確保した上で、基礎が構築できるので、即日に交通開放することができます。


※本製品は株式会社イビコン様開発の製品です。

自在R連続基礎工法
置き式・安全性
本式(埋設式)・施工性
施工実施状況



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149