製品一覧 CADデータ 会社概要 求人情報 サイトマップ


通常設置型(組立工法)

通常設置型(組立工法)とは、削孔し土留め工を施して施工する方式です。組立工法はボルト連結工法、接着工法やPC鋼棒連結工法あるいは複合式工法などがあります。

通常設置型は、主に道路使用許可がある程度長期確保できる現場で採用されます。


通常設置型(組立工法)手順

1.堀削

各形別に所定寸法、深さで堀削します。ただし、位置決め等を考慮して、余掘りは50cm以上を標準とします。

(その他、管路工事等を行う場所は、作業スペースを確保する必要があります。)



2.基礎
  1. 割栗を敷き、均しコンクリートをなるべく平骨に所定の高さで施工して下さい。
  2. 均しコンクリートは敷きモルタルが2〜3 cmの厚さで調整できる高さに施工して下さい。
  3. 湧水が有る場合は、設置作業に支障のない箇所で水中ポンプ等で排水処理を行って下さい。

注) 右上図は標準のものであり土質、その他の要因のある場合はそのかぎりでありません。


3.底版ブロックの据え付け
  1. 均しコンクリートの上に敷きモルタルで水平な設置基面を確保する。
  2. 敷きモルタルの上に底版ブロックを所定の位置に据え付ける。

4.側壁下ブロックの取付け
  1. 側壁下ブロックを底版ブロックと結合する。
    底版ブロックの上側端に、正確に下記の接着工法で、側壁下ブロックを接合する。
  2. 接着施工方法
    1. 接着効果を充分に発揮させるため、接着面の土砂・異物を除去する。
    2. 底版ブロックに埋め込まれたYインサートに全ねじボルトをねじ込み、接合面の内側から50mmの位置に、プライマーを塗布しブチルゴムを貼付ける。
    3. エポキシ系接着剤を主剤(A液):硬化剤(B液)=2:1(重量比)でよく撹拌する。
      よく撹拌された接着剤を接着面にヘラ類で2〜10mm(ブチルゴム高さ)厚に塗布する。
      ※接着はブロックの自重及びボルト締め付けで引き寄せて接着します。
    4. 底版ブロックに側壁下ブロックを正確に重ね合わせ、接合目地を確認しながら締め付け部を対角位置で均等に交互に締め付ける。
    5. 接合部よりあふれ出た接着材をヘラで擦り付けて止水効果を高める。
    6. 締め付け部の穴埋めは頂版ブロックの据え付け後に頂版箱抜部と同時に行う。
5.側壁上ブロックの据え付け
  1. 側壁上ブロックを側壁下ブロックと結合する。
    側壁下ブロックの天端に、正確に下記の接着工法で側壁上ブロックを接合する。
  2. 接着施工方法
    1. 接着効果を充分に発揮させるため、接着面の土砂・異物を除去する。
    2. 接合部の内側から50mmの位置に、プライマーを塗布しブチルゴムを貼付ける。
    3. エポキシ系接着剤を主剤(A液):硬化剤(B液)=2:1(重量比)でよく撹拌する。よく撹拌された接着剤を接着面にヘラ類で2〜10mm(ブチルゴム高さ)厚に塗布する。
    4. 側壁下ブロックに側壁上ブロックを正確に重ね合わせ側壁ブロックに設けられた貫通孔に全ネジボルトを挿入し定着させて接合目地を確認しながら締め付け部を対角位置で均等に交互に締め付ける。
    5. 接合部より外側へあふれ出た接着材をヘラで擦り付けて止水効果を高める。
    6. ボルト・ナット締め付け用箱貫部を早強無収縮モルタルで保護する。
6.頂版ブロックの据え付け削
  1. 頂版ブロックを側壁上ブロックと結合する。
    側壁上ブロックの天端に、正確に下記の接着工法で、頂版ブロックを接合する。
  2. 接着施工方法
    1. 接着効果を充分に発揮させるため、接着面の土砂・異物を除去する。
    2. 接合部の内側から50mmの位置に、プライマーを塗布しブチルゴムを貼付ける。
    3. エポキシ系接着剤、主剤(A液):硬化剤(B液)=2:1(重量比)でよく撹拌する。よく撹拌された接着剤を接着面にヘラ類で2〜10mm(ブチルゴム高さ)厚に塗布する。
      ※接着はブロックの自重及びボルト締め付けで引き寄せて接着します。
    4. 側壁上ブロックに設けられた全ネジボルトで頂版ブロックを正確に重ね合わせ接合目地を確認しながら締め付け部を対角位置で均等に交互に締め付ける。
    5. 接合部よりあふれ出た接着材をヘラで擦り付けて止水効果を高める。
    6. ボルト・ナット締め付け用箱貫部を無収縮モルタルで保護する。



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149