製品一覧 CADデータ 会社概要 求人情報 サイトマップ


会社沿革

昭和47年 7月 合資会社協立生コン 設立、販売開始。
10月 同地に道路用コンクリート製品工場を建設、製造販売開始。
昭和51年 7月 生コンプラント、全自動式 1.5m3に改造する。
昭和52年 4月 レディーミクストコンクリート日本工業規格の表示許可を受ける。
昭和53年10月 通産大臣より流通調査の定期報告優秀として、表彰を受ける。
昭和54年 1月 JIS 5305、5306、5307、道路用コンクリー製品、日本工業規格の表示許可を受ける。
昭和57年 2月 プラントミキサーを強制二軸ミキサーに改造する。
3月 擁壁製品(ゴールコン)製造開始。
昭和58年 6月 出荷の能率化の為、自動出荷管理装置を導入。
12月 擁壁製品(ゴールコン)沖縄県初の実物載荷試験を行う。
昭和59年11月 娯楽施設、高原ゴルフ場営業開始。
12月 擁壁製品(ゴールコン)沖縄県構造分科会認定をもらう。
昭和60年 1月 技術開発部発足、ボックスカルバートの製造開始。
昭和61年 4月 沖縄電力向けプレハブマンホール製作開始。
昭和62年 4月 技術開発部に、CAD導入。
平成元年 6月 大型製品工場増築。
7月 HC式防火水槽財団法人日本消防設備安全センターの認定を受ける。
平成 3年 2月 管渠型側溝・可変側溝、需要増大 第二工場を新築。
平成 5年 3月 擁壁製品(ゴールコン)建設大臣認定取得。
平成 8年 3月 擁壁製品(ゴールコン)コーナー部追加認定取得 建設省(国土交通省)沖経民発第1号。
平成 9年 6月 垂直積み擁壁ゴールコン財団法人土木研究センター(建設大臣認定機関)の「土木系材料技術・技術審査証明 第0904号」取得。
8月 老朽化及び精度向上のため、生コンクリートプラント(石川島建機製)に改造。
11月 二次製品KNL形250B「のぼろうくん」が沖縄らしい建設と環境技術アイディアコンペで優秀賞受賞。
平成10年 1月 合資会社協立生コンより株式会社キョウリツに組織変更する。 日本工業規格表示認定を承継する。
平成12年 1月 L型用壁「FLウォール」「フジムラL型」が、社団法人全国擁壁技術協会より建設大臣製造工場認定を受ける。 「評定番号2000-74」。
平成13年 2月 ホテルみゆきビーチの引継営業を開始する。
平成13年 8月 元旦ビューティー工業株式会社と技術提携、廃ガラスのリサイクル事業に取り組む。
平成14年 2月 L型擁壁「ハイ・タッチウォール」が社団法人全国宅地擁壁技術協会より製造工場評定取得。
平成15年 9月 HC式耐震性貯水槽財団法人日本消防設備安全センターの認定取得。
平成16年 9月 ガラスリサイクル(80%)舗装用ブロックが財団法人日本環境協会エコマーク事務局よりエコマーク商品認定取得。
平成18年 3月 ガラスリサイクル(60%)舗装用ブロックが沖縄県リサイクル資材評価認定制度よりリサイクル資材認定取得。
平成20年 6月 プレキャストコンクリート製品、新JISマーク認証取得。(財団法人日本建築総合試験所
平成20年 7月 レディーミクストコンクリート、新JISマーク認証取得。(財団法人日本建築総合試験所
平成20年 8月 セメントサイロ、計200tから計300tに増設。
平成25年 3月 擁壁製品(ゴールコン)『プレキャストブロック式RC擁壁「ゴールコン」』として最高見付高9mで建設大臣認定取得。
10月 『プレキャストブロック式RC擁壁「ゴールコン」』が公益社団法人全国宅地擁壁技術協会より製造工場評定取得。
平成27年 9月 代表取締役社長、大城保一就任。
平成28年 1月 自社開発製品としてゆいバーサル縁石開発。施工開始。
2月 大地震対応擁壁を含むニューウォルコンW型が公益社団法人全国宅地擁壁技術協会より製造工場評定取得。
3月 高流動コンクリート・高強度コンクリート、国土交通大臣認定取得。
3月 株式会社ゴールコンを吸収合併。
9月 プラントミキサを2.8m3へ変更。



株式会社キョウリツ 〒904-1111 沖縄県うるま市石川東恩納1406-99 TEL.(098)965-6321 FAX.(098)965-6149